DEF CUTZ

  • TOP
  • CONCEPT
  • SALON DATA
  • MENU/PRICE
  • for LADY
  • STAFF
  • TODAY'S GUEST
  • CONTACT

DEF-LIMITED by DEF CUTZ

  • TOP
  • CONCEPT
  • SALON DATA
  • MENU/PRICE
  • for LADY
  • STAFF
  • TODAY'S GUEST
  • CONTACT
  • /news/
  • /information/
  • スタッフブログ
  • リクルート情報

HOME > STAFF BLOG > アーカイブ > 2014年4月アーカイブ

STAFF BLOG 2014年4月アーカイブ

HEAD/EYE


こんにちは、DEF-LIMITEDの谷井です。
 

DEF-LIMITEDの5・6月限定キャンペーンメニューをご紹介させていただきます。
 


HEAD_EYE.jpg
 


パソコンやスマホのない生活が考えられないほど、現代は視覚化社会。
その便利な生活のかわりに、やはり困ったことも…
そのひとつが眼精疲労。
目は休む暇もなく酷使され続け、実に多くのかたが慢性的な目の疲れを感じています。


そこで「HEAD/EYE」のご提案です。

その名のとおり頭と目をじっくりケアさせていただきます。終わったあとの幸福感は格別!
事前のモニターアンケートでもdiamond大好評diamondをいただいきました。

ラベンダーの香りに満ちた、気持ちの良いホットタオルで目元をじんわりと包み温めながら
心身の不調を顕著に現す頭皮と目のツボを刺激し、結構を促すケアを施すことで
体調の改善や活性化にアプローチをはかります。



◆・◆ 施術工程 ◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・

シェービングもしくはフェイスマスク前に
「PLOSION」(アンチエイジング高濃度炭酸ミスト)を
首と襟足の部分にあるフウチ・アモンのツボに噴霧


その後シェービングもしくはフェイスマスク

寝姿勢のまま

「エステシモ スキャルプリセッター」(高濃度炭酸の頭皮用クレンジング。洗い流さないタイプ。
アロマブレンドで爽快な使用感。)を目のツボであるガンエン・シンテイ・ヒャクエに噴霧


ラベンダーの香りを感じるホットタオルをのせ目の周辺を温めながら
タイヨウ・サンチクのツボや目の周辺をマッサージ


頭皮のマッサージ

◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・


以上の流れで施術をさせていただきます。

ご自宅でできる眼精疲労ケアや近眼・老眼に効果のあるケア方法もお伝えできますので
興味がおありでしたらぜひお気軽にお声かけくださいませ。


お時間のある方はフェイシャルエステやヘッドスパでより深いケアもされてみてくださいね☆

 

o0800106712910388967.jpg

 

「PLOSION」高濃度炭酸ミスト ボディセット  ¥47.000(税別)
エステシモ スキャルプリセッター   ¥1,800(税別)


今回のメニューで使用させていただく商品です。
いずれもご購入可能ですので、お気軽にお問合せください。



 


シャンプー+クレンジングBAR


こんにちは、DEF CUTZの石田です。

DEF CUTZから5・6月の限定キャンペーン 『シャンプー+クレンジングBAR』 のご紹介です。


シャンプー+クレンジングBAR.jpg


なんと、今回このキャンペーンメニューをお試しいただいたゲストさま先着100名さま
4月から新しくセットメニューに加わったばかりのEXECUTIVEコース(通常税別価格6,000円)の
shine¥1,000OFFチケットshineをプレゼント!
先着100名さまには輪をかけて大変オトクなメニューになっていますので、ぜひお早めにどうぞ♪


EXECUTIVE割引券.jpg



それぞれ効能や使用感の違うシャンプー剤とクレンジング剤 各3種のなかから
ゲストさまの頭皮の状態や気分に合わせたものをそれぞれお選びいただき、
おひとりおひとり特別な組み合わせで施術させていただくメニューです。


シャンプー+クレンジングBAR2.jpg

シャンプー+クレンジングBAR3.jpg


普段使用されているシャンプーとの使用感を比較したり
頭皮のデリケートなかたは刺激の少ないタイプを選んでいただいたり
過去のキャンペーンで気に入ったものをもう一度お試しいただいたり・・・

いろいろな楽しみかたがあると思いますので、ぜひお試しになってみてくださいね♪



コメ展


こんにちは!谷井です。


みなさんはこの春お花見はされましたか?


o0640064012905117362.jpg



桜の美しい時期は短いですが、季節を感じられる時間は儚さの中にこころが洗われる感覚があるように感じます☆


* * *


さて。いま六本木のdesign sight 21_21にて「コメ展」が開催されています。


食・文化としてのお米の姿を様々な視点や観点からとらえた作品が展示されていました!


普段当たり前のように食べていたお米。
食卓に並ぶまでにはたくさんの時間と思いがあるのだと改めて気づかされました。


 

o0640064012905117363.jpg
o0640064012905187885.jpg
 



コメ粒に文字を書く「一粒書き」にも挑戦しました!

o0800060012905189188.jpg
 


なんて書いてあるかわかりますか?


食事をするときの私の気持ちをこころを込めて…


’幸せ’ と書きました☆

 


そして、米(の一部)にもなりました!

 

o0800106712908330156.jpg



翌日の朝ごはんは竹の子ご飯をおにぎりにして食べました。
「コメ展」でいろいろ感じたあとに食べるお米は格別でした♪


o0720096012908330157.jpg




「コメ展」では体験コーナーも多くあるので、実際にお米にふれあい考えながら
おコメから発信されるデザインとお米にまつわる食文化とを一挙に学ぶことができてとても面白かったです!




こちらの「コメ展」は6月15日まで開催されているそうなので、興味のある方はぜひ行かれてみてください☆

http://www.2121designsight.jp/program/kome/

 


MEDIA WORKS!


こんにちは!
DEF-LIMITEDの荒井です。


しばらくぶりの更新になってしまいましたが、
その間にいくつか各メディアにご紹介いただいたので
今回一挙ご報告させていただきます^^
 


まずはオープン当初からお世話になっているライターさんが発行されている業界向け新聞。
サロンWEBサイトで毎日のように更新しているTODAY'S GUESTの写真撮りや掲載記事について取材いただきました。
またその他にもPOPやアクティビティについて回を重ねて掲載いただきました。


o0720096012905044515.jpg

_7673.jpg




続いて株式会社菊星さまの新プロダクト、オリジナルワックスのデザインサンプルに参加させていただきました。


o0800060012905048844.jpg

o0800060012905048843.jpg

 

 

今回はワックスのパッケージデザインの企画だったのでまだ製品化はされていないのですが
製品化されることになりましたらまた改めてご紹介させて頂きますね!




最後にご紹介するのはメンズプレッピー6月号の取材の様子。


o0800080012905044516.jpg

 

今回は頭皮やスキャルプケア関連についてさまざまな角度から取材をしていただきました。
メンズプレッピー6月号は来月発売予定。
発売になりましたらまたお知らせいたしますので、ぜひお楽しみに!



EXECUTIVE コース


こんにちは、DEF CUTZの石田です。

4月からDEF CUTZのカットセットメニューに追加されることになった
EXECUTIVE(エグゼクティブ)コースのご紹介をさせていただきます。

これまでDEF CUTZのカットセットメニューは
DEF-LIMITEDコース、DELUXEコース、RELAXコース、BASICコースの4コースでしたが、
頭皮ケアとリラックスを重視した5番目のコースが登場です!

EXECUTIVEコースの施術は
カット+シャンプー+シェーブ
+耳そうじ
+フェイスパック
+クリームバス

の構成となります。

特に注目していただきたいのは、キャンペーンメニューでも人気の高い「クリームバス」が組み込まれているところ。

しかもキャンペーンメニューのときの「クリームスバ」とは違い、EXECUTIVEコースでは9種類あるアロマオイルの中から
その日の気分や体調に合わせたアロマオイルを3種類ご自身でお選びいただき、ブレンドしたもので施術させていただきます。


o0480064012895587406.jpg


EXECUTIVE コースは税込¥6,480(税別¥6,000)です。

月に一度のリフレッシュとして、
または自分ケア&セルフメンテナンスとして、

ぜひ選択肢のひとつに入れてみてくださいね!



カットコース選択(POP).jpg

1

« 2014年3月 | メインページ | アーカイブ | 2014年5月 »

このページのトップへ