DEF CUTZ

  • TOP
  • CONCEPT
  • SALON DATA
  • MENU/PRICE
  • for LADY
  • STAFF
  • TODAY'S GUEST
  • CONTACT

DEF-LIMITED by DEF CUTZ

  • TOP
  • CONCEPT
  • SALON DATA
  • MENU/PRICE
  • for LADY
  • STAFF
  • TODAY'S GUEST
  • CONTACT
  • /news/
  • /information/
  • スタッフブログ
  • リクルート情報

HOME > STAFF BLOG > アーカイブ > MASAJI ARAI

STAFF BLOG MASAJI ARAI

「May I Start?」

 

埼玉県近代美術館にて開催中の「May I Start?」の展示会に行って来ました!荒井です。


作品群を手掛けた計良宏文氏は、資生堂に所属するトップヘアメイクアーティストで、
雑誌やキャンペーンビジュアルなどのヘアメイクを手がけ、
パリコレクションを含む名高いファッションショーのヘアチーフも担当。
皆さまも、資生堂のCMなどで図らずも数々見かけていることと思います。

399C1EB1-03B8-49A4-A4C4-C4CAB83F1559.jpg


展示会タイトルの「May I Start?」とは、
計良氏が日ごろファッションショーのバックステージでヘアメイクを施す前のモデルにかける言葉だそうですが、
<今まさにスタートさせた新たな挑戦の数々を目撃してほしい>という計良氏から鑑賞者への呼びかけでもあるそうです。
そんな作品を次に次にと観進めていくうちに、僕の中にも新たな衝動"start"が掻き立てられました。

D89F15C2-2F65-4B11-B9D2-A44DF7AC32D5.jpg


「May I Start? 計良宏文の越境するヘアメイク」では、
MIKIO SAKABEのデザイナー・坂部三樹郎とタッグを組んだ新作映像インスタレーションの初披露のほか、
これまでに手掛けたファッションショーなどのヘアメイクや、多彩なコラボレーション作品が紹介されていました。
ちなみに公立美術館においてヘアメイクアップアーティストによる展覧会が開かれるのは、日本初。
とても貴重な展覧会なんですね。

ABD67650-73F0-4D57-BAED-83189191EB21.jpg


展覧会のメインとなるのが、坂部三樹郎氏とのコラボレーションによる新作映像インスタレーション《FACE》。
計良氏がヘアメイクを、坂部氏が衣裳のスタイリングを担当し、「ひとりの女性の顔が、ヘアメイクの力で多彩な女性像に変化するさま」を約40台のディスプレイで表現した作品となっています。

IMG_0688.jpg

IMG_0691.jpg


計良氏が手掛けるヘアメイクは、パリコレクションや東京コレクションなどのファッションショーをはじめシーズンルック・カタログなど多岐にわたり、
今展示会では計良氏が携わった国内外のブランドとのプロジェクトからウィッグやヘッドピースを、制作時の資料類を交えて紹介していました。

43F12E0C-91B6-4E32-B751-269158C427A1.jpg

 

その他にも、華道家・写真家である勅使河原城一氏と「花」をテーマにした共同作品に取り組んだり、

文楽人形のかしら(頭部)を制作し、人形遣い・勘緑の公演に提供したりと、

クリエイターとの協働を通じて、ヘアメイクの概念を刷新する活動を行っている計良氏。

今会場では、勅使河原城一氏との作品《Flowers》などを観賞することができます。

IMG_0696.jpg


僕が一番好きだった作品はこちらdownwardleft
光学フィルムを使ったヘッドピースを制作し、
見る角度によって反射光の色が変化する偏光パールを用いたメイクを提案したものです。

IMG_0665.jpg

 
普段のサロンワークとは違った観点からヘアの多様的な在り方を感じさせていただいた
貴重な時間を過ごすことが出来ました。

光学フィルムを使ったヘッドピースを制作し、見る角度によって反射光の色が変化する偏光パールを用いた
光学フィルムを使ったヘッドピースを制作し、見る角度によって反射光の色が変化する偏光パールを用いた
光学フィルムを使ったヘッドピースを制作し、見る角度によって反射光の色が変化する偏光パールを用いた



【詳細】
展覧会「May I Start? 計良宏文の越境するヘアメイク」
会場:埼玉県立近代美術館(埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1)
会期:2019年7月6日(土)~9月1日(日)
開館時間:10:00~17:30(展示室への入室は17:00まで)
 

 

pisces  cancer  pisces  cancer  pisces
 


酷暑ともいえる暑い日が続きますが、皆さま、熱中症にはくれぐれもお気をつけて、
このような涼しい場所でのリフレッシュも交えながら夏を満喫していただくのはいかがでしょうかnote
DEF-LIMITEDでは、夏の疲れ・冷房での冷え・食べ過ぎてしまった
<わがままボディ>のメンテナンストリートメントメニューも8月いっぱいまで開催していますので、
是非お気軽にご相談くださいませhappy01

 


 


BONE MUSIC 展

DEF-LIMITED 荒井です。

ゲスト様からご紹介いただいた、とても興味深い展覧会「BONE MUSIC 展」。
開催終了期日が迫るなか出かけてきました。
興味のある方は今週末まで開催されていますので、ぜひお出かけされてみてください。


6A4E6227-8561-4E3F-A31E-75857526F795_R.JPG



BONE MUSICとは


1940年代から60年代の冷戦時代。
 

現在のロシアに当たるソビエトでは、当時、音楽を含む全てのカルチャーが、
国家によって検閲され、コントロールされていた。

 

そしてアメリカのジャズ・ロックンロールや一部のロシア音楽を聴く事が強く禁止された。

もし見つかれば間違い無く、“刑務所行き”。
 

今では信じられない環境の中で、それでもリスクを犯してでも、
どうしても好きな音楽を聴きたかったアンダーグラウンド・サブカルチャーシーンの音楽ファン達は、
なんと、病院で不要となったレントゲン写真に自作のカッティング・マシーンを使って音楽を録音し、
「ボーン・レコード」を製作した。これがボーン・ミュージックの始まりだった。



IMG_7533_R.jpg


IMG_7538.jpg

ディスプレイのセンスが好きでした。


F9AF3302-FF53-4DB3-88E2-C231643C6478_R.JPG

暗室に隠れての制作の模様。


IMG_7558.jpg

そんな状況下でも、希望を捨てずにそれをすり抜けていくアイディアを生み出す、
好きなことに対する熱量とアイデアの面白さを体感しました。

今は、どんな音楽でも、いつでもどこでも自由に聴ける環境にいる。
これは本当に恵まれていて素晴らしいことですね。
しかしボーン・ミュージックの時代は違った。
音楽が簡単に手に入る今、どれだけそれが恵まれていることかを再考させてもらえた機会となりました。

IMG_7535_R.jpg

 

音楽は食糧の代わりには決してならないけれど、
音楽を楽しむことは、人が生きていく上で、代えがたい大切なことなのかもしれない。


■BONE MUSIC展 開催概要
開催期間:2019年4月27日(土)〜2019年5月12日(日)
会期中無休
開館時間:11:00〜20:00 







アイテム紹介

DEF-LIMITED 荒井です。
2月はインフルエンザに怯え、人込みを避けて生活を送っていました。
その分、普段より研究にかけられる時間ができたので、興味のある分野を少し掘り下げてみたりしていました。

今回はその分野からいくつか、僕のこだわりを叶えてくれそうなアイテムについて書きたいと思います。


1 スタイリング剤

スタイリングはかつて他人からの評価を意識したものでしたが、昨今では自己表現主体のものに変わってきています。
他人からどう見られるかは勿論ですが、自分らしさや自己演出の手段としてスタイリングにこだわる。
それが、男性にとっての「美」への新しい価値観になってくれることを願ってます。


こちらは、高いホールド力を備えたオイル。
伸びがいいので仕上がりは軽く、コクのある艶が【大人の男】感を演出してくれます。

使用感はワックス+ジェルのような感じで、今までにない質感が演出ができ、時間がたっても動かせるのがGOOD!

IMG_6250_R.jpg

スタイリング後

image1_R.JPG
リバースアップバング


詳しくはスタッフにお気軽にお問い合わせください。






2 スキンフェード

やはりニーズの高いフェードスタイル。
より質を極めたご希望に添えるように、アメリカ製のバリカンを入手しました。
 

毛量や骨格にもよりますが、よりデザイン性を高めたショートスタイルには最適。
コントラストばっちりに仕上がります。

IMG_6255_R.jpg

image2_R.JPG
Side Swept Crew Cut


デザインの質で他人とこだわりの差をつけたい方はぜひお試し下さいね。


 


恒例行事

DEF-LIMITEDの荒井です。
早いもので、1月もそろそろ終わろうとしています。

皆さまはどのように新年をお迎えになったのでしょうか。

毎年恒例、正月に、西早稲田にある穴八幡宮へ参りました。

IMG_6123_R.jpg

サロンを立ち上げてから毎年の恒例行事で、もう十数年参拝に通っています。

IMG_6113_R.jpg

蟲封じのほか、商売繁盛や出世・開運に利益があるとされているそうです。

IMG_6120_R.jpg

こちらは、幸福の打出の小槌です。

財布やバック等、身に付ける所に付けておくと、無病息災または金運に恵まれるとされています。

 

口上が気になったのもあり、初めて求めて以来、こちらももう数年になります。


小槌を求める際に、とっても良い声で口上を唱えながら、
幸福を願う<ひょうたん、恵比寿様、大黒様、カエル、サイコロ、はま矢、小判、干支>を入れていきます。
名物な方らしくYOU TUBEに動画が上がっていましたので気になる方はご覧ください。
www.youtube.com/watch?v=2b630SyeCOc

 


神頼みというよりも、毎年出向くことで襟を正すような、そんな大切な行事になっています。

IMG_6109_R.jpg

改めまして本年も宜しくお願い致します。

ボヘミアンラプソディー

DEF-LIMITEDの荒井です。

映画公開中のボヘミアンラプソディー、個人的には久々震える映画でした。
先日のDEF CUTZ湯田のブログでもこの映画について話題にしていましたね。


以下、ネタバレ注意です。
(なるべくネタバレしないようにしますが、そもそも主人公が実在の人物、そしてその歴史ですので・・・sweat01

それでもネタバレNGな方は、ぜひご覧になってから、語り合いましょう!)



イギリスを代表する世界的ロックバンド“クイーン”の伝説を、
ボーカリストであるフレディ・マーキュリーの壮絶な人生へとスポットを当て、
バンド結成から1985年のLIVE AIDまでの軌跡を追った映画です。


フレディーが亡くなる頃には学生時代で、彼の衝撃的な人生を垣間見ていた世代としては、
ドキュメンタリー映画ではないぶん、事実とは少し異なるエピソードもありました。
例えば、フレディーのボーイフレンド、ジム・ハットンは美容師でした。(後にフレディの家の庭師)
また、解散するタイミングや、アルバム発売後にツアーを行っているところなども、当時の事実とは異なっていました。
そういう比較もこの映画のエンターテイメント性だと思うので、この映画でクイーンに興味が涌いた方は
クイーンのリアルなエピソードを是非調べてみてください。

栄光に隠された“苦悩”と“挫折”、エモーショナルに描いた作品、個人的には後世に残したい作品だと思いました!


IMG_5789_R.jpg


DEF LEPPARD

DEF-LIMITEDの荒井です。

久しぶりにLIVEに出かけました。

デフ・レパードの来日公演。

全世界2,500万枚のセールスを誇る名盤『ヒステリア』の全曲再現ライブということで、
これは、いかなければ中学時代の自分に怒られてしまう!!
それぐらい当時の自分にとっては衝撃のアルバムだったのでした。

IMG_5604_R.jpg

少し語らせていただきます!
(興味のない方は読み飛ばしてください(笑))

この「ヒステリア」のアルバム制作経緯には、ドラマチックな出来事やメンバーの思いがあったといいます。
1984年、ドラマーのリック・アレンが起こした、左腕の全てを切断することになってしまった交通事故。
それでも他のメンバーは、アレン以外のドラマーは考えられないと、メンバーチェンジを考えるどころか、
アレンの両足・右腕だけで演奏が可能なカスタマイズを施したエレクトリック・ドラムを製作し、
アレンの復帰を待っていたそうです。感動です。
 

そして1987年、4thアルバム「ヒステリア」 を発表。
母国イギリスでスターの仲間入りを果たし、アルバムは全英1位となりました。
1年後の1988年には、全米でも1位を獲得。

「ヒステリア」に収録された7つものシングルが全米でチャートインし、
アルバム自体も3年間チャートインし、全米だけでもこれまでに1200万枚、
そして全世界で2500万枚以上を売り上げている伝説のアルバムに。
 

興味のある方は是非ご視聴されてみてください。

IMG_5617_R.jpg

お気付きのかたもいらっしゃると思いますが、
僕らがサロン起業前、サロン名を決めていた16年前に
兄弟揃って一番ピンときた単語「DEF」。

俗語で 「最高の, いかす.[definitiveの短縮形]」の意味で使われているのですが、
きっと兄弟揃って、DEF LEPPARDが脳内に同時に出現したんだと思います。
2人して、これが良い!と思いになり、参考にさせていただきました。


そんな創業秘話?のある DEF CUTZ
そしてDEF-LIMITED
今後もどうぞよろしくお願いいたします!


さて、DEF-LIMITEDでは最近、サロンオフィシャルのインスタグラムを始めました。
よかったら覗いてみてください。フォローしていただけると嬉しいですhappy01

(クリックまたはスキャンでリンク先へ移動します)down

follow_us.jpg


初秋のインプット/エステシモ・ヘッドスパ講習

DEF-LIMITEDのゲスト様にご紹介させていただいているヘッドスパメニューと
ヘアケア商品は現在タカラベルモント製のエステシモ系商品ですが、
スタッフの知識と技術レベルさらに極めるために、タカラベルモントさんが主宰のヘッドスパ講習で、
「タカラベルモントさんが考えるヘッドスパ」をインプットしてきました。

<髪の未来を頭皮から考えるのがヘッドスパであり、髪の未来は頭皮が決める。>
タカラベルモントのヘッドスパは、髪が毛包で誕生してから毛先に至るまでを「髪の一生(=ヘアライブ)」と捉え、
その中でも、髪の色・艶・形・太さなどの決定にかかわる髪の主要部(=トランクゾーン)を健やかに保ち、
髪が根元から毛先まで生涯健康で美しくあるためのお手入れをヘッドスパの根幹と考えています。
髪・皮膚・さらには、気もちまでの繋がりからお手入れを考え、髪の未来を変えていく。
それがタカラベルモントさんの考えるヘッドスパのコンセプト。

髪や皮膚というような直接的なアプローチだけではなく、<気もち>へアプローチするということは、
DEF-LIMITEDのヘッドスパへ考察に共通する理論で、欠かせない要素。
<気もちをお手入れする>そのために、ヘアサロンで行うヘッドスパは必要不可欠なメニューなんです。
だからこそ、ゲストの皆さまにご満足いただけるよう、日進月歩、DEF-LIMITEDのヘッドスパは進化し続けています。

ちなみに、エステシモの香料は、世界的に有名なフランスの香料会社
ヴェ・マン・フィス香料株式会社に頼んで作られているんですよshine
香りに定評のあるロキシタンやアルマーニなどの香水の香料も、この会社に依頼されているんだそうです。
エステシモの香りも、その種類によって異なり、香りの観点からもヘアケアを楽しんでいただけますnote

IMG_3650_R.jpg

IMG_3649_R.jpg

講習会では認定テストが行われます。
僕の結果は・・・
とりあえず合格でしたが、100点を取れず申し訳ないsweat01今はきちんと復習して100点ですよ!

IMG_5402_R.jpg

講習を経て、またさらに進化したDEF-LMITEDならではの特別なヘッドスパ。
ぜひ受けにいらしてみてください。
ご来店を心よりお待ちしています!


夏のインプット

DEF - LIMITEDの荒井です。

まだまだ残暑が厳しい日が続きますが、皆さま夏バテなどしていませんでしょうか?
DEF-LIMITEDでは、9月から新しいキャンペーンで夏バテ解消メニューをご準備してお待ちしています。
ぜひリフレッシュしにいらしてくださいね!

夏の陽射しが、苦手な僕。
紫外線が気にならない旅に出かけてみました。

東北自動車道を車で走らせること一時間半で着く避暑地、「大谷資料館」です。

IMG_5066.jpg

最近では様々なメディアで紹介されているこの資料館。
地下宮殿、はたまたRPGのラビリンスのような巨大地下空間は、
映画やPVの撮影に重鎮されているのがうなづける圧巻の光景です。

IMG_5092.jpg

IMG_5067.jpg

2万平方メートルにも及ぶ大空間で、深さは30m、
最も深いところでは地下60mもあるという巨大な地下空間の平均気温は8℃~13℃。
この日、外の気温は35℃だったので、坑内へ続く階段を下りると
うだるような暑さから開放され、それは生き返るような涼しさでありがたかったです。

IMG_5078.jpg

ここから切り出された大谷石は約1000万本。
人の手によって堀り出された巨大な建造物を見上げると、その途方もない作業工程まで思い馳せて
積み重なる年月の重みと自然の荘厳さと雄大さに、ため息しか出ませんでした。

思い立ったらすぐにでも行ける距離なので、皆さまも
酷暑の折にはぜひこちらの地下空間に逃げてみては!

IMG_E5093.jpg

地上に戻ると、大谷石の採掘の歴史がわかる展示場資料室も併設されています。
展示場には、採掘が本格的に始まった江戸中期から昭和34年頃までの手堀り時代の道具や採掘方法、
運搬の移り変わりなどの資料が展示されていました。今でも変わらず使えそうなものもあって面白かったです。

IMG_5097.jpg



宿泊は栃木県栃木市の柏倉温泉太子館です。

あの歴史上の人物、「聖徳太子」を祀るという「太子堂」。
その敷地内に、 大正時代から続く、伝統ある温泉宿があります。
神社の境内に旅館があるというのは大変珍しいので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

KCDJ4971.jpg

あまり干渉されすぎずに過ごせるお宿なので、自由気ままに静かな回廊を渡って池を泳ぐ鯉を眺めたり、
山頂にある社を石段を登って参ったりして過ごしました。夜には花火も。久しぶりに自然に還った気分でした。


末筆ながら、残暑お見舞い申し上げます。

IMG_E4990.jpg

IMG_E4810.jpg

涼しげな写真をお届けします。
荒井でした!


インプット・アウトプット

DEF-LIMITEDの荒井です。

関東もついに梅雨入りし、気がつけば、今年も残すところあと半分。
過ぎゆく時間を無駄にしないよう、
・・・雨男の僕は今回もまた雨の中、
メディアアーティスト落合陽一さんの個展、「山紫水明 ∽ 事事無碍 ∽ 計算機自然」に行ってきました!

E8995054-1421-4DBB-B9CB-63A489E535B9_R.JPG
 

 

落合陽一さんの作品はいくつかの本や、写真などをネット配信で見てきましたが、
展示空間で直接見ることはなかったので、今回初めて作品を目にすることができて、
百聞は一見に如かずというか、全く違う体験につながると思いました。

とにかく脳みそを刺激されまくりでした。
 

D52E1816-30C6-4226-8288-3C9D33360398_R.JPG



Levitropeの空間には本当に引き込まれました。

C89B8B5F-8424-4B9B-A604-FA6AB29192ED_R.JPG

6A3F1237-9D03-4989-975C-DE63B5D9CA96_R.JPG

 

今まで見てきたモノとは違うと、そう感じることができるモノ。
正直、凡人の僕にはそのイデオロギーが理解できない作品も多かったが(理解しなくてもよいのかもしれないが)
それでもなお、単純に、この経験は未来への転換期になると感じることのできた貴重な時間でした。


というわけで「 落合陽一、山紫水明 ∽ 事事無碍 ∽ 計算機自然」すごくよかったので、是非みなさんどうぞ。

 

----

個展の概要は以下の通り。6月28日まで開催されてます!

 

落合陽一、山紫水明 ∽ 事事無碍 ∽ 計算機自然

 

会期:2018年4月20日〜6月28日

会場:EYE OF GYRE

住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1

電話番号:03-3498-6990

開場時間:11:00〜20:00

 


最近のお気に入り

DEF-LIMITEDの荒井です。

以前からよくカットをしていただいている内田さん(元vetica所属)が独立しサロンをオープンされたので、
開店のお祝いに、カットとカラーリングをしに行ってきました。


7B25C270-DFBD-4412-B1E9-E16092849CD2_R.JPG
D459446D-0D29-4205-ADE1-A46123DD5E00_R.JPG

人と人が出会いカルチャーが交差していく場所、
扉を開いて新しい自分を見つける場所、
いつもと違う空気を纏える場所。

そんなイメージがカタチになったような素敵なサロンでしたhappy01

内田さんは僕にとって、スタイリストとしての刺激をいつも与えてくれる存在であり、
有益な情報を共有させてくれる同志でもあり、そういう全部をひっくるめて、ワクワクさせてくれる存在です。
内田さんのサロンも、きっとこれから多くの方々にとって、そんな存在になるのでしょう。

そして、DEF-LIMITEDも僕も、
皆さまにとってそういう存在でありたいと思っています。
そう思っていただけるよう、これからも頑張りますので、ぜひ期待していてくださいねwink


さて、そんなわけで今回また少しヘアスタイルをイメージチェンジしていただいたので
直後のヘアカラーの再現性を追求して、こんなアイテムをためしてみました。

IMG_3853_R.jpg
カラーシャンプーアッシュ(税込 ¥ 1,296)
→染料配合のカラーシャンプーで、寒色ベースのシア-ブルーを補いASHの色味を引き立てます。


IMG_3855_R.jpg
カラーチューナー(税込 ¥ 1,080)
髪のPHを安定させ、退色を抑制します。


僕の現在のヘアカラーは、下の写真1枚目のとおり、
中間から毛先を4回ブリーチ(アンダーティント 16レベル)
加えて、根元を1回ブリーチ(アンダーティント 10レベル)
なのですが、

12B67330-8D0E-4B3F-95B3-161C44BABC11_R.jpg

この商品を試してみたところ、2枚目の写真のとおり、
根元の黄ばみが消えて、中間から毛先に向かってしっかりアッシュシルバーに仕上がりましたshine
「色感」「透明感」「抜け感」が特にお気に入りhappy02

サロンでの仕上がりがどんなに良くても、再現できないのはもったいないですよね。

これからの季節、だんだんと明るいヘアカラーにチャレンジされる方も多いと思います。
アッシュ系にチャレンジしてみたいかたにはカラーシャンプーアッシュ、
また、明るめのカラーで褪色の気になるかたにはカラーチューナーがおすすめですdiamond
ぜひお試しになってみてくださいね!




123456

« SHOUICHI ARAI | メインページ | アーカイブ | YUUMI TANII »

このページのトップへ