DEF CUTZ

  • TOP
  • CONCEPT
  • SALON DATA
  • MENU/PRICE
  • for LADY
  • STAFF
  • TODAY'S GUEST
  • CONTACT

DEF-LIMITED by DEF CUTZ

  • TOP
  • CONCEPT
  • SALON DATA
  • MENU/PRICE
  • for LADY
  • STAFF
  • TODAY'S GUEST
  • CONTACT
  • /news/
  • /information/
  • スタッフブログ
  • リクルート情報

HOME > STAFF BLOG > アーカイブ > 2016年5月アーカイブ

STAFF BLOG 2016年5月アーカイブ

CAFE(越谷)

こんにちは、DEF CUTZのSHOUICHI です。

5月の慌ただしさも一段落したので仕事のお休みの日に、
以前から気になっていた越谷にあるカフェ<喫茶 ソスイ>さんに行ってきました。

o0800045313659449567.jpg

o0800091413659449586.jpg


民家を改装して作られた外装で、
内装もご自分たちで改装されたそうで
とても味わいのあるオシャレな空間でした。

o0774096013659449598.jpg

o0544096013659449606.jpg

o0800045313659449620.jpg


また、古道具屋さんも併設されていて、
懐かしいものや、あまり見かけることのないような
変わった物が置いてあって、見るだけでも楽しめました。

o0544096013659449626.jpg


もちろん食事も美味しくいただきましたrestaurantshine

o0544096013659449629.jpg

o0773096013659449639.jpg


ゆったりとした空間のなかで
日々の忙しさから少し解放され
翌日からのサロンワークの充電になりました。


気になるかたは、こちらをチェックしてみてください。

http://kissa-sosui.com/ <喫茶ソスイ>さん


休日にゆったりとした空間で過ごしたいというかたにはオススメですよ。

INPUT・OUTPUT

DEF-LIMITEDの荒井です。
5月もあっという間に駆け抜けていきますね。
まるで夏のような暑さが差し込む日が出てきたり、
これからは梅雨入りがあったりと
気圧の変化によって体調を崩しがちになりますので
十分注意してお過ごしくださいね。

春はさまざまなイベントのある季節。
5月もいろいろなシーンでインプットできた有意義なひと月でしたので
この場をお借りしてその一部分をご紹介させて頂きます。

まずはゴールデンウィークのひとコマ。
子供のリクエストで羽生市にあるさいたま水族館に行って来ました。
僕自身は小学校の遠足以来2回目でした。
水族館は水槽自体が小さめで、展示種も荒川に棲む70種類の生き物展示が主でしたが、
特設展には世界のめずらしい熱帯魚などが展示されていたり
うなぎを素手で触れるコーナーがあったりと
小さな子供連れであれば、ゆったりと楽しみながら過ごせる水族館でした。

6795074966556850081.jpg

それにしても、自宅から羽生まで通常1時間半程度の距離が片道に3時間以上かかり
ゴールデンウィーク渋滞の恐ろしさを知りました。
(普段平日にばかり外出しているので新鮮に驚いてしまいましたsweat01

IMG_6373.jpg


↑ かわいいネーミングですよね。女子力高い!  

↓ そして懐かしのウーパールーパーと、高級食材キャビアの父(か母)。

IMG_6374.jpg


cute


それから別の日ですが、渋谷ヒカリエにて開催されていた
’計良宏文×勅使河原城一 FLOWERS わたしを咲かせなさい’

に行ってきました。(現在は展示終了。)

3498306611629849248.jpg

資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト計良さんと
華道家であり写真家の勅使河原さんが
花を題材にした作品でお互いの感性をぶつけ合い即興で創作したという
数々の斬新なデザインたちはエネルギーに溢れていてしっかり魅了されてしまいました。

6712546533143397930.jpg

写真撮影NGでしたので、購入してきたポストカードと
会場でお会いしたご本人たちと撮っていただいた写真を載せておきます。

IMG_6378.jpg

1671523712316815884.jpg


ポストカードはサロンにてディスプレイしていますので
じっくりご覧になりたい方はお気軽にお声掛けくださいね。


cute


またまた別の日には東京ビックサイトで開催された
ビューティーワールドジャパンという祭典に
DEF-LIMITEDのスタッフ全員で行ってきました。

IMG_6393.jpg

エステティックの見本市とも称されるイベントだったので
普段手にとることのできないメーカーの商品や、
実際に商品開発に携わった開発者さんたちの貴重なお話しを聞けたりと
とても刺激になり勉強になりました。

最近DEF-LIMITEDでおすすめさせていただいているPOLICYさんの商品ブースでも
しつこいくらいじっくりとお話しを伺ってきましたので
こちらもゲストの皆さまにしっかりアウトプットさせて頂きまたいと思いますdiamond

 


ガーデニング

みなさん、こんにちはnote
DEF CUTZの日向です。

GWで生活のリズムが崩れてしまった疲れなどが出てくるころです。
気温も段々高くなり、梅雨入りも始まったりと、いよいよ夏に向かっているなあという実感が沸いてきます。
気圧の変化もありますので、体調など崩されないようにご注意くださいね!

初夏の日差しに誘われて外に出てみると、目に留まる緑が色濃くなってきました。
新緑の季節ですねshine

我が家でも育てている植物たちがたくさんの緑や花を色づけてくれているので
その一部をご紹介したいと思いますbud

o0539096013649008393.jpg

グリーンを眺めると気持ちが落ち着きますよね。

↓こちらはビオトープです。

o0539096013649008407.jpg

最近忙しさで手入れが行き届いていませんが、
実はこれからメダカちゃんの産卵時期になります。小さくて本当にかわいいんですよheart01
もし欲しいという方がいらっしゃいましたら、ぜひお分けしますのでお声掛けください(^_^)


こちらは最後の踏ん張りを見せているビオラです。

o0539096013649008438.jpg

手入れも簡単で、長期間楽しませてくれるお花で、ガーデニング初心者の方にもおすすめですdiamond

他にもサボテンをはじめ多肉植物、バラ、盆栽も少々。

ガーデニングは独学なのですが、その分気楽に楽しんで続けていますnote
ガーデニングに興味ある方や、詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひお話し聞かせて下さいclover

o0539096013649008426.jpg

日焼け止めについて

こんにちは!DEF-LIMITEDの谷井です^^

ゴールデンウィーク、皆さまどう過ごされましたか?note
お天気のいい日も多く、気持ちよく過ごせる陽気でしたね。
外でのアクティビティでは日焼けをしてしまったという方も
いらっしゃったのではないでしょうか。

ところで、1日の紫外線量が1年で1番多い月をご存じですか?
1番多いのは7月で、次点は8月だそう。
やはり夏の紫外線量は予想を裏切らず軒並み高いですね。
ですが、実は3番目に紫外線量が多いのが5月で、
その量は8月のものとほぼかわらないのだそうです。
まだ柔らかい春の日差しのイメージが残る5月でも
実際は真夏時並みの日焼対策が必要なんですsun

さらに1年で最も1日の日照時間が長いのが、この5月。
紫外線量が真夏並みに多い上に日照時間も長いので
5月は本当に油断大敵なのです!bomb


下の写真をご覧ください。
有名な案件ですので、TVなどで見たことがあるという方も多いかもしれませんね。
この写真は、28年間トラックの運転手をされていた69才の方の顔写真です。

トラックの運転席で左側の窓から強い紫外線を浴び続けたことで、
左側に極端に深いシワとたるみができてしまったそうです。
かなりショッキングな写真ですよね・・・。

21.jpg

出典:http://www.elmundo.es/elmundosalud/2012/05/29/pielsana/1338292453.html


たかが日焼け、そして目にも見えないその紫外線。

よくわからないうちにどんどん蓄積されていくそのダメージに
なかなか気がつくことはできません。

しかし、将来これだけ差が出てしまうことを知ってしまったら
紫外線対策をする必要性もきっとおわかりいただけると思います。

では具体的にどんな紫外線対策をすると良いか、というと
やはり手軽な手段としては日焼け止めを使用するという選択肢ですsign01

一言で日焼け止めと言っても、この時期ドラッグストアに一斉に並ぶ
日焼止めのラインナップにどんな日焼止めを選べばいいのか
迷ってしまいますよね。

そこで、上手な日焼止めの選び方として、
日焼け止めなどに表示されている「SPF」と「PA」の意味を
おさらいしていきたいと思います。

まず「SPF」は「紫外線UVB」からの防御指数を表します。
紫外線UVBとは、私たちが普段意識している紫外線で
肌を赤くヒリヒリさせ肌のDNAを傷つけるもので、
日焼けやシミのトラブルを起こすものです。

一方、「PA」 は「紫外線UVA」からの防御指数を表します。
紫外線UVAとは、いわゆる生活紫外線といわれるもので
肌の奥深くまで入りこみコラーゲンやエラスチンといった
お肌の大事な成分を破壊したり、
シミ・シワ・たるみなどのトラブルを起こすものです。

「SPF50・PA++++」などの表示を見て、大きい数字の方が効果が高そう!と
高い数字のものを選んだり、+の多いものさえ選べば安心だと思われている方も
少なくないのではないでしょうか。

しかしSPFは33以上、+は4つ以上ついたものは
肌に負担の強い化学薬品が必須になるため
日常使いに高すぎる数値の日焼止めは過剰である可能性があります。

心当たりありませんか?
日焼け止めを落とそうと体を洗ったのに水を弾く様子や、
日焼け止め使用中・使用後のお肌が乾燥する感覚を...。

ですから使用状況に合わせた日焼止めの使用を強くおすすめいたしますdash

特に「SPF」については誤解が多いのですsweat01
SPFは効き目の<強さ>ではなく<耐久時間>だと思ってください。
SPF1=約20分と言われていますので、SPF50だと、16時間40分になります。
日本にいるかぎりは17時間近く日が出ていることはありませんし
夕方以降は紫外線は赤外線に変わります。
その上、一日あたりの紫外線量の約50%は午前10時~14時の間に集約していますし
また日焼け止めは汗をかいたら塗り直さなくてはならないので、
わざわざ肌に過剰負担を強いる「SPF33以上・PA++++」の日焼止めを
使用する必要はありません。


DEF-LIMITEDの店頭で今ご案内している日焼止めはこちらの「サン ブロック」。
SPF30 PA+++  
55g  ¥4,300(税抜) 
約10時間、お肌を紫外線から守ってくれます!

この「サン ブロック」は紫外線カット剤となるだけでなく
なんと美白効果まである日焼け止めです。

もちろん超低刺激処方であり、美白処方も天草フラボノイドを使用。
安心の天然素材でありながら、ビタミンCの270倍といわれる
美白効果を発揮します。

製品が変質しないよう配合される紫外線吸収剤も
炎症の原因になりうるので、効果を妨げないようシルクのカプセルで包み、
肌に直接触れないようにすることで
赤ちゃんにもお使いいただけるほどの安心処方です。

最近の陽気や日差しの状況から、意識の高いゲストさまのなかには
エステやシェービングのあとに店頭でお買い求めになられて、
その場で塗って帰られる方もかなり増えてきました。

IMG_3967.jpg
 



最後の写真は、ポトスの葉に塗った各社日焼け止めの影響を実験した写真です。
(※4/25に商品リニューアルされたため、リニューアル前のSPF28と表記されている
右端のものがこのサンブロックの結果になります。)

私たちの肌は再生機能にすぐれ、この葉のようにすぐに枯れるようなことはありませんが、
長く使用すれば、確実にシミ・シワ・乾燥のトラブルにつながります。
きれいな肌でいるための日焼け止めで、こんな結果ではっとてももったいないですよね。


IHQM6444.jpg


たったひとつしか持てないお肌に使うものだからこそ、安心で安全、
よりよい効果のあるものを使ってくださいねclover

尚、今回は日焼止めについて長々とご説明させていただきましたが、
他のさまざまな肌トラブルについてもご質問などいつでもお待ちしています。
当店のスタッフは全員エステティシャン資格保有者ですので、
お気軽におたずねくださいね!



cute  cute  cute 



本題には関係ないのですが、
先日、東京都現代美術館で開催されている「ピクサー展」に行ってきましたnote

大好きなピクサー作品。
あの心の温まるストーリー、そして、
それぞれの個性溢れる愛嬌のあるキャラクターが完成するまでには
製作者の方々や全スタッフの作品にかける情熱があったと
凄まじいほど伝わってきました...!

自分の仕事に誇りを持ち、この仕事を、このチームでできているなんて、とっても幸せ!と
キラキラした笑顔でお話されていて、そんな考えのスタッフさんが作られた作品だからこそ
私たちはピクサー作品にこんなにも魅了されるのですねheart01

ガイドを聴きながら会場を回り終えると、外はもうしっかり日が落ちていて
充実した時間が過ごせましたshine

ピクサー展の開催は今月29日(日)まで。
ピクサー作品が好きな方は、ぜひ行かれてみてくださいhappy01



IMG_3867.jpg































1

« 2016年4月 | メインページ | アーカイブ | 2016年6月 »

このページのトップへ